忍者ブログ
今をコツコツ在ることが、生きる、いや生かされている自分なのです。 あるがままの自分が「今、丁寧に、在る」。 そのままの自分を、そのままの自分が「知り得た」時、 これが求めていた答えだと納得しました。 有難く存じます。すべてのご縁に感謝を致します。
2017.10.24 Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.05.31 Saturday
摂食障害は、行動の病なのですね
1 摂食の病ではなく、繊細な心の奥の戸惑いなのです。
ご本人の一部に摂食障害がくっついているだけで、ご本人と摂食障害は分けて考えてくださいね。素晴らしい個性を持つ一人の人間なのです。自分を探そうとして、自己愛的、倒錯的、嗜癖的そして反社会的なパーソナリティが顔を出しています。大人になろうとして、もがき始めた証拠なのです。

2 症状も回復過程も、それぞれ個性的です。
回復のラインは、パーソナリティ・スタイルを作り、心が大人になることです。
時間が必要
体得していくこと
コミュニケーションの工夫

3 今を見て、今できることをしていきましょう。
そのために、まず、今を知ってください。ご自分の感情を知ってください。
心の奥の感情を知ることが、まず一歩です。感情に浸ることも大事です。
アイメッセージと独り言
できないことはできないと素直になる
ひとりで抱え込まない
闘わないで、共存する、今の自分と手を繋ぐ

4 心の扉をノックする。
心の事実を知っていき、同時に外界の事実も知っていくこと。
視野を広げるために、同じ悩みを持つ方と語る時間とそうではない方と語る時間をバランスよく持つことは、大事ですね。
当たり前は何もないよ。意識生活をしていこう。
私は私。あなたはあなた。親は親。

5 自分の足元の豆を拾う。
①比較しない余裕。焦らなくていい、諦めないで、ゆっくり、そのままがいい。
②捨てる勇気。妙なプライドが、回復過程を邪魔するの。
③期待はいらない、言い訳は勿体無い、人のせいより、自分に嘘をつかないことね。

どうしたらいいの?より、どうしたいかが大事
感情に間違いというものはありません。どんな感情でも抱いていいのです。
その感情を抱き、たっぷりと感じて、放置する。そして、行動すること。
すっきりしない曇り心やモヤモヤ心を抱えて歩くのが円熟した人間なのです。
○親御さんの立場で・・・
○ご本人の立場で・・・
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 1399 1398 1397 1396 1395 1394 1393 1392 1391 1390 1389 
プロフィール
HN:
岡本理香
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/07/29
職業:
精神作家・正看護師
趣味:
整理整頓
自己紹介:
岡本理香
精神作家&看護師&心ざわざわ理事長
1963.7.29生、AB型
大阪出身、現在神戸六甲山に在住、有馬温泉傍
整理整頓・ジクソーパズル・捨てることが特技
田原俊彦さんのライブ鑑賞が生きがい
向日葵・マリリンモンロー・真っ赤が好き
高嶺の花を羨むより、足元の豆を拾えが口癖
バーコード
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny