忍者ブログ
今をコツコツ在ることが、生きる、いや生かされている自分なのです。 あるがままの自分が「今、丁寧に、在る」。 そのままの自分を、そのままの自分が「知り得た」時、 これが求めていた答えだと納得しました。 有難く存じます。すべてのご縁に感謝を致します。
2017.10.24 Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.06.08 Friday
T.Tさんのざわざわコツコツ
今日はとってもいいお天気で、すごく暑かったですね。午前中に洗濯をすませて、午後から○○まで、観葉植物を買いに行ってました♪今日はコスモスが大量に入荷されていて、あじさいも、てんこ盛りたくさんあって、すご~く綺麗な色とりどりの花に囲まれて、とても幸せ~な気分になりました♪花を選んでいるみんなの顔も素敵でした。キレながら花を選んでいる人は、珍しいですもんね(笑)

今日、こないだ会いに行った、父の友人から電話があったみたいで、 「なんとか娘を立ち直らせてあげるから、またおいで・・」みたいな電話があったそうです。ふと思ったのですが。昔は、自分のことよりも、人を喜ばせる為とか、日々の色んなことに関して、自分のことより、他人のことを優先に、選んでいました。自分が幸せになることや、自分が楽しめることを選ぼうとする自分を否定していた自分が、一歩。一歩。ゆっくり。ゆっくり。歩いていく中で、今は、何より自分が、一番に楽しめることを選んで、自分の幸せを、一番に思えるようになってきています。自分が楽しめることを、全く選べなかった自分が、楽しめることを、選べるようになっていってはいるのですが、まだ、人を喜ばせる為に、自分を無視してまで、自分が楽しめないことをしようとしてしまう癖がヒョイっと顔を出してくることがあります。
こないだ、親戚のところにバイトに行ったことも、父の友人に、会いに行ったことも、会うと、何を言われて、どういうふうになるのか、だいたい予想がついて、自分で分かっているはずなのに、「来て欲しい」「会いたい」と言われると、そう言ってくれてるんだったら、行ってもいいか。。
(喜ばせてあげよう)みたいに、たとえ自分の中で、そんなに行きたくないな。。という思いをふと感じていたとしても、次に頭で出てきた考えで、自分の本当の思いが隠れてしまって、「行こう」なんてなってしまう自分がいました。自分の目を通して、見るのではなく、まだチラッと、相手の目を通して見てしまう自分が、癖のように残っているんですね。

でもその父の友人から電話がかかってきたことを聞いた時に、

「私は、自分の心が楽しめること、自分の心が笑顔になれることを、一番に選ぶ☆お説教をすることで、いい気分を味わいた人の願望を満たしてあげようとするほど、私の心は大きくて広くはないし、何より、自分の心を無視してまで、人に笑顔を向けられない。自分に向けてあげる笑顔が何より一番♪自分が一番に楽しめることを選んで、それをしていくこと、自分が幸せでいることが、人への何よりの贈り物にもなるんだ。そして、今自分が、こういうふうに感じていることを、私は信じる」

だから「私はそこへは行きたくないのだ」と、心の中でハッキリ思いまし
た。行動していくと、色んな出来事に遭遇するので、自分のそういう癖をとっていく練習になりますね。

コツコツと、体得。体得。。の積み重ねができるので、今度はそれが癖になって、その積み重ねで、どんどん自信がついてくるような気がします。

何も、大きな努力や、根性!頑張り!は、必要ないんですね。
小さな積み重ねでいいんですね。
コツコツ。コツコツ。

毎朝のストレッチで、体を床にペチャッとつけて、土の字が書けるようになりました(笑)これもコツコツの成果です☆何より素晴らしいコツコツ♪これからも、小さなコツコツを重ねていきます☆コツコツコツコツ肋骨コツコツ・・とか言っていたのを思い出しました(笑)ざわざわコツコツ。ありがとうございます。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL:

パスワード:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 595 593 597 594 591 589 592 588 590 587 586 
プロフィール
HN:
岡本理香
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/07/29
職業:
精神作家・正看護師
趣味:
整理整頓
自己紹介:
岡本理香
精神作家&看護師&心ざわざわ理事長
1963.7.29生、AB型
大阪出身、現在神戸六甲山に在住、有馬温泉傍
整理整頓・ジクソーパズル・捨てることが特技
田原俊彦さんのライブ鑑賞が生きがい
向日葵・マリリンモンロー・真っ赤が好き
高嶺の花を羨むより、足元の豆を拾えが口癖
バーコード
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny