忍者ブログ
今をコツコツ在ることが、生きる、いや生かされている自分なのです。 あるがままの自分が「今、丁寧に、在る」。 そのままの自分を、そのままの自分が「知り得た」時、 これが求めていた答えだと納得しました。 有難く存じます。すべてのご縁に感謝を致します。
2017.10.24 Tuesday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.04.11 Wednesday
N子さんの工夫と努力

今、昇降運動、ピラティスを終え、リラックスタイムです。
多分ストレッチとかすると尚いいんでしょうが、もう十分ですよね(笑)

つまみ食いについて変化が少しあります。
岡本さんに提案されてからずっと「子供達が起きてる間に、キッチンの用事を済ませる」ことを前提にやっていたら、自然とチャキチャキ動きながら子供と会話したり(カウンター越しですけどね)食器を洗ったり、明日のお米研いだりとできるようになりました。

つまみ食いは、この料理してる間、味見がついついと少し2、3口とんとん拍子に食べてしまうことが多いのですが(これも改善の余地アリ)、それ以後は、キッチンに入ったとしてもつまむことないです。

胃が求めてないんですね。
「もういらないよ」と言ってます。
多分これは満腹中枢が正常に働いてるのと、甘い物やパン、こってりしたものをひどく欲っすることがなくなってきたからだと思います。
例えば「お菓子食べたい!お腹いっぱい食べたい」とか「パン、何枚でも食べたい!」って思わなくなったことじたい不思議です。
それが前は普通でしたからね・・・。
今は、想像すると逆に気持ち悪くなります。

いやぁ。
とうとう、普通の感覚が近づいてきてるようです!

ばんざい!

それと同時に子供達に激昂することもなくなり、「あ、手をあげてしまうかも」なんて思うこともないです。だって、かわいい我が子達ですからね。


まずなにより、去年

「直そう!もう吐くのやめたい」と思えたこと

諦めなかったこと、それで色々とネットを検索したこと。

これが功を奏して岡本さんと出会えたんだと思います。今思っても、本当に出会えて良かったです。

出会っていなかったら、今私は病院に通って、薬に頼っていたかもしれないし、何かにすがっていたかもしれません。想像するだけでも怖いです。これこそ、ご縁で運命ってことですよね。感謝感謝です。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL:

パスワード:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 346 345 349 348 347 344 343 342 341 340 339 
プロフィール
HN:
岡本理香
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/07/29
職業:
精神作家・正看護師
趣味:
整理整頓
自己紹介:
岡本理香
精神作家&看護師&心ざわざわ理事長
1963.7.29生、AB型
大阪出身、現在神戸六甲山に在住、有馬温泉傍
整理整頓・ジクソーパズル・捨てることが特技
田原俊彦さんのライブ鑑賞が生きがい
向日葵・マリリンモンロー・真っ赤が好き
高嶺の花を羨むより、足元の豆を拾えが口癖
バーコード
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny