忍者ブログ
今をコツコツ在ることが、生きる、いや生かされている自分なのです。 あるがままの自分が「今、丁寧に、在る」。 そのままの自分を、そのままの自分が「知り得た」時、 これが求めていた答えだと納得しました。 有難く存じます。すべてのご縁に感謝を致します。
2017.08.21 Monday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.06.20 Wednesday
■今日も美味しく夕御飯を食べました。今日は…岡本さんに出会えて…なんだか気持ちが穏やかで落ち着いていられます。目標ができて、治せる気持ちができて。ホームページでは皆さんの感想に、すごくうらやましく思いました 。私もこのままじゃなくて、いい方向に進みたいって。明日からも色々毎日メー ルしたいです。
■あったかい言葉…ありがとうございます。昔よりも、自分を出せるようにはなったと思います。食べれないものもだいぶ無くなり、食への恐怖も以前よりだいぶなくなりました。母に対してはもちろん、他の人に対しても、まだ顔色を伺ってしまいます。嫌われたくない、怒らせたくない…だからとりあえず合わせてしまう。1人になるのもすごく怖いし、好かれていたい、居場所が欲しいんです。人に合わせてばかりじゃ本当の居場所なんて見つからないと思っているのに。私の夢は、お嫁さん、お母さん…そして幸せな家庭です。子供は大好きで、本当は保母さんになりたかったけど。いつか自分の子供と楽しく暮らすのが夢です。いつか病気を治して、そんな夢が叶うといいな。
■今まで自分の気持ちを正直に言えたことがないから。岡本さんにはウソは言わないと決めました。私は母を怒らせない為、人に合わせる為 、自分の気持ちと正反対のことを言っ たり、機嫌を損ねない為に色んなウソを言いました。拒食の頃は食べ物が怖くて…外で食べたとか調子悪いとか、食事の時間は一人で過ごして、孤独になりました。私は168センチの身長で23キロまで痩せて…しゃがんだら立てなくなって…まるで骸骨になってました。今まで誰にも本当のことが言えなかったです。岡本さんにはウソを つかないと決めて話せて、温かい気持ちで返事をもらえて、本当に、安心した気持ちになってます。食べ物へのこだわりもへって、コレは自分もすごく嬉しいことです。過食以外で楽しむ時間を大切にしなきゃと思ってます。
■拒食になって痩せることだけ…過食になっ たら食べることだけ…ずーっとそれ以外に何も興味がなくて。少しずつ、いろんな気持ちを取り戻して、今はその気持ちを大切に、楽しめることを幸せに感じてます。人の気持ちを大切にするのはすごくいいことだけど、自分がむりしないように、自分の思いも伝えられるようになりたいです。岡本さんの言葉にあったみたいに…嬉しい悲しい楽しい…自分の気持ちも大切に…自分がむりしない時間を作っていきたいです。
■日曜日はいつも過食してしまいます。自分でも日曜日は過食を許してしまっているのかな…なかなか抜け出せません。食べた後、吐き出してしまいたいと思うけど…吐くことを覚えたらもっと過食癖が治らなくなりそうで、吐かずにいます。下剤を飲んでしまうから、一緒でしょうか。回数が減らせたことはうれしいです。
■過食は回数を減らすこと、そして量も減らすこと。その為に色々やってはいるんですが…なるべく体に負担のかからないものを選んで食べます。あと食べることに一点集中にならないように テレビや音楽をかけたり、本やまんがを読みながらにしたり、少しでもペースをゆっくり…そして過食でもなるべく 美味しいと味わって食べるようと思っています。本当は分かっているんです。お腹がすいてるときに、家族や友達と食べるご飯が一番おいしいって。そのことを最近はしっかり自分でも感じられること、それは幸せだなって思います。
■拒食が4年間、その後過食になって6年、過食になってからは特に気持ちや生活の状態で、過食の波がでるようになりました。人間関係などストレスを感じたり、不安なことがあったりすると、過食が続いてしまっていました。自分に目標があったり、自分自身、充実しているとやっぱり過食は少なくなります。今の仕事は嫌いじゃないです。一生懸命続けてきて、自分の仕事や立場がそれなりにあって。岡本さんが回復されたときのように、私も自分を受け入れて、何かに気づいて、心がラクになったらいいなと思います。いただいたメールから思ったこと、人と比べるよりも、自分の幸せをしっかり感じていこう、無くして取り戻してきた大切な気持ちや普通の幸せを しっかり感じていこう、人の気持ちを大切にして、でも自分の気持ちも大切にしていこう。ゆっくりゆっくり…自分を大切にできるようになりたいです。自分を大切にしてないと…周りの人も大切にできないし…幸せになれないですね。
■お願いします、ありがとうございます、もっと自然に色々な場面で使えるようになれたら、意識しないでも、そんな言葉があふれるようになれたら、きっともっと温かい毎日になれるんだろうな。最近は、一人で食べる事はやめて、平日は母とテレビでニュースやバラエティ番組も見ながら、団欒しながら一緒に美味しいねと話しながら果物やお菓子をつまんだり、友達と出かけると、一緒にご飯をたべて、一緒にお菓子も食べたり。楽しくいられる時間にもありがとうって、嬉しく思いながらゆっくり味わってい ます。今まで通り過ぎるばっかりでしたが、最近とても嬉しく思います。岡本さんの所へ伺ったときも、ぜひ有馬温泉に行きたいです。 今日も岡本さんのホームページを少しずつ読んでいました。 病気がひどくても懸命に生きた…昔の私も…私自身。昔の自分や今の自分を責めたり後悔するばかりじゃなくて、自分は自分って…しっかり納得して受け入れていきたいです。
■自分の物差し、一人一人の気持ちや価値観… ヒトと比べることが少しずつ減ってきたように思います。自分が過食を必要としてしまう心の原因をゆっくりなくしていきたいです。
■私は私で、自分のやるべき仕事をしっかりこなして、自分の出来ることを少しずつ増やしていきたいです。会社でも、ありがとうをたくさん心がけるように…そう思って。 いつも言えるようになっていませんが、言えたときには温かい気持ちになります。 ありがとうございました…いえいえ、どういたしまして、それだけですが、自分も自然と微笑んで温かい気持ちになれますね。
■この心の病気をぜったい治そうと決めて、普通に近づいていく喜び、小さな喜びをしっかり感じて、もう忘れないようにしたいです。食事に恐怖感なく楽しんで美味しいと思える感覚、人と楽しんで食べる喜び、食事のこと以外に集中出来ること、食事以外で楽しみが増える喜び。病気になって、食べれなくなったものできなくなったこと、それらを取り戻して… あぁ…そうだったなって感覚を取り戻して、その喜びをしっかり味わって… 時には自分をほめて。もっと~したいって気持ちを大事にして 普通の自然な生活の中に、普通の幸せを増やしていきたいです。
■今日はゆっくり眠って、本を読みました。今日ふと心の変化に気づいた事で、今まで病気回復のためには、ストレスを減らしたほうがいい、しばらく休んでみるなど考えていました。でも、岡本さんとメールを始めて、自分の考え方、捕らえ方、気持ちの持ち方、それで毎日が穏やかになるんだと気づきました。温かい穏やかな環境を作っていくのは、まずは私自身なんだと。まだまだ、そう気付いても、すぐには自分の毎日を改善出来ないですが、ゆっくりですね。少しずつ、小さなことの積み重ね。穏やかで温かい毎日へ。目標が見えた気がしています。
■昨日、良かったことからお伝えすると、買い物と温泉を母とゆっくり楽しみました。食事も楽しめて、体も休めて、いい一日だったなと思えました。でも夜、過食してしまいました。甘いパンとお菓子とおにぎりなどなど。やっぱり何年も何年も本当は好きな甘いもの一切食べず、ほんの数種類の限定食のみで生活してしまった反動、好きなものを思いっきり食べたい気持ちもあります。過食は週1にしようと、回数を減らしてきて、日曜日には過食することで他の日のバランスをとっている、もっと食べたいというよりもっと食べなきゃというような、平日に過食しないリズムを作るために必要なことのように。月曜日はいつも今日からまた頑張ろうと、あまり自分を責めないようにしようと思う気持ちですが。気持ちや考え方、生活リズムなど含めて、私を温かく迎えてくれて、一人の相手、一人の気持ちとして歓迎してくれる岡本さんにとても感謝しています。
■正直、岡本さんにいただいたメールにびっくりして、それと同時に自分の気持ちがふっと何か軽くなったような気がして、またびっくりしました。過食をする自分も、私自身、まるごと認めるっていうこと。少しだけ分かった気がしました。今の自分にとってストレス解消法として過食があって、もちろんそれは良いことではないけれど、それでまた自分を追い込んでばかりじゃあダメなんだな。なるべく体に負担のかからないように、ストレス解消法として必要な今、過食でもなるべく味わって。 岡本さんの言葉「しました、過食」の気持ちで…それでいいんだぁ…ってことにびっくりしました。きっと過食を少なく出来てきた自分なりの歩みは、治したいという気持ちと 過食以外の楽しみを少しずつ取り戻せたことからの心のゆとりからなのかなと。だから今は、過食する自分も、異常なんかじゃない、私なんだと認めて、生活の中でうまくやりくりしながら、過食回数を減らしてこれたこと、過食を必要とする回数が減らせたことを喜んで、自分をほめる気持ちでいいのかなと。いつかゆっくり進み続けて、心のゆとりが、もう過食を必要としなくなれば自然と止まるのかな、そんな風に思いました。ここ何日か、岡本さんに話して、返事をいただいて、肩の力がだいぶ抜けたように感じます。治さなきゃ、治すんだ、どうしよう、なんだか力いっぱい、それでも目標に近づける気がしなくて不安でいっぱいだったんです。今、自分の気持ちは…漠然とだけど…いつか治る…そんな気持ちです。まだまだ過食を、私は何回もするんだと思います。それを、ただ自分を傷付け、自分を責めるだけのものにしないで、自分の食べたいもので自分を満足させながら、ありがとうごちそうさまの気持ちで、自分のストレスもおさめながら、過食と付き合いたい、そんな気持ちになりました。そしていつか、過食が必要でなくなる日が来ることを信じて。ほとんど荷物なしで、岡本さんのところへ、リラックスして心と体を安めに伺いますね。小さな発見をいただきに。
■昨日は過食もなくて、ぐっすり眠りました。これが一番ラクで、心も体も快適ですね。不思議ですね。過食とは…つらいことなのに…自分の中に欲求が生まれて、昔は…一度座ったら、自分では立ち上がれないほど痩せて、食べることが怖かった気持ち…数年前のひどい過食で、食べる以外は何も考えられなかった気持ち…今はもう思い出せません。ただ一生懸命で、それしかなかったから。本当にごめんなさい。そしてありがとうって思います。母は母で、それぞれの気持ちがあるんだと思ったら、母に対する気持ちにムリが無くなってきました。まだ自分をしっかり表に出せないと思うけど、やっぱり自分は自分で大事にしなくちゃいけないですよね。ひどい拒食と過食から少しずつ回復して、楽しみがあったり美味しいと思えることは本当に幸せですね。本当に本当にありがとう、おおきに…です。遠慮は家に置いて行くんですね。
■岡本さんとメールをはじめて、何日がたったんでしょうか。最初心ざわざわのホームページを見つけたとき、大げさなんですが、運命というか、ずっと探していたものが見つかったような、嬉しくて。本もホームページも、読みあさって、色々試してここまで来たけど、自分の気持ちを全部吐き出す場所、素直になれる場所、自分自身で、摂食障害も今の自分の一部ってことをそのまま出せる場所、そんな場所がやっと見つけられたような。岡本さんのメールで、小さな発見の積み重ねで、少しずつ自分を認める、意味がわかってきました。全部自分、好きにならなくていい、でも自分だと認める、ここ数日自分がとてもラクになりました。なんていうか…穏やかでいられること…すごく嬉しいですね。あんなに自分で自分を傷つけてしまったのに、自分の体に、ごめんねと、ありがとうです。
■今日も夕食の買い物をして帰ります。今度なにか習いたいねと話しています。お茶、お花、料理、今のところお花にする予定です。花は大好きです。家にも時々、買って帰ります。スーパーなどで安いものを買って、家で花瓶に生けて、自分なりの美的感覚で、長さを変えたりしながら。岡本さんの温かい言葉の中に、自分をほめてあげて、と教えてもらいました。自分にもありがとうって思うこと。少しずつ周りにも沢山ありがとうが伝えられるようになって、自分は自分の気持ちも少しずつわかって、少しずつ穏やかになりたいなぁ、なれてきてるかな?そんな中で普通の幸せもしっかり味わって。そうしたら自然にありがとうが沢山見つかるんだなって思いました。花がきれい、空がきれい、子供が可愛い、いろんな自然な感覚も、だいぶ長い間なくしてました。なくしていて少しずつ取り戻したいろんな幸せを、まだまだ見つけて、増やして、しっかり味わって。私も岡本さんのように穏やかで、人の痛みをわかってあげられる、自分も周りの人も大切に出来る人に、いつかなりたいです。夢もいつか叶ったら嬉しいです。割烹着を来て、そう手作りおやつを子供と一緒に作って、一緒にいっぱい遊びたい。ゆっくり夢に近づけたらいいなぁ。
■あぁ私は頑張ってこれたんだなって。歩んできた道は間違ってなかったのかなって。いつからだろう、治したいという気持ちを持てるようになったのは。ずっとずっと、治す気持ちなんてなかったんです。自分の決めたとおりのことが出来ないと、ただ怒って、食に振り回されて、毎日毎日、計画通り、時間通り、同じ行動。自分が病気だとか、治さなきゃとか、体を痛めてるとか、何も思わなかったです。ただ自分の体型と食事のため、邪魔するものや人は全部、敵、許せないような気持ちでした。不思議ですね、何であんなに自分勝手になれたのか、ひどい時は、本当に人の気持ちなんて全く考えられなかったんです。摂食障害になって、大切な青春の時期をだいぶ無駄遣いしてしまったように思いますが、この病気になって、治すことをきっかけに、前より自分らしくムリのない、楽しい人生に出来たらいいな。昨日も過食をしないで、少しお菓子をつまんで、ぐっすり眠りました。今日は体がとてもラクです。
■私は私の自分の花、いつか咲かせられますように。1日、24時間、ほんとにそうですね。みんな平等、みんな一緒。楽しく過ごしても、イライラ過ごしても、同じ1日。だったら、一生懸命だったり、楽しかったり、嬉しかったり、幸せだったり、そんな時間がたくさんあった方が絶対いいから。食べ物と仲良く、岡本さんのホームページや私にくれたメールにあった言葉。ほんとにそうですね。自分の人生の中で、食べること、食べる時間を楽しく嬉しい、これからはずっと、自分の幸せな時間でありますように。お願いします、ありがとうございます、温かい言葉をたくさん言えた1日だったと思います。今まで、普段、あまり仲良く出来なかった人にも、いいですよ、わかりました、いえいえ、返事と一緒に笑顔をもらえて、何度も、あったかい気持ちになれました。岡本さんのホームページを読んでいて、オール オア ナッシング、100か0、私もそうだったなぁ、そんなふうに思います。ただ完璧を目指して、自分ですべて抱え込んで、自分でやらなきゃ気がすまない。今、周りの人にお願いして、たすけてもらって、逆に私も手伝えることをさせてもらって、ありがとう、どういたしましてのある世界、幸せなことなんですね。もっともっと、じゃなくて、これで十分、おおきに、ありがとう。岡本さんの言葉、普通の毎日の自分で十分、そんな気持ち、病気のひどかったころを思い出すと、普通の自分のいろんなことがとても幸せです。こういう気持ちを大切にしていかなきゃいけないですね。あとちょっと、ひどい状態から立ち直ってこれた幸せな話、しっかり完結させたいです。
■昨日もあたたかい、嬉しいメール、ありがとうございました。自分自身の、小さな芽吹きを大切に、いつか花が咲いて、幸せな話を綴り終わって、過食の症状も、我慢して止めるじゃなくて、自分自身の心と体が過食なんて自然に忘れてた、止まってた、そんな風になれたとき、この病気のゴールだと思ってます。 岡本さんが私に言ってくれる、出会ってくれてありがとう、本当に嬉しく思います。心ざわざわのHPで記事を簡単に読んだあと、メール療法や面談、宿泊のところを見つけて、本当に嬉しかったです。何の迷いもなくて、岡本さんに会ってみたい、そう思いました。本当はいい病院をずっと探していて、自分の気持ちを素直に言える場所を見つけたかったんです。岡本さんなら、きっと素直に自分のままで話せる、そう思ったんです。やっぱり岡本さんは、そのまま、そう言ってくれました。嬉しいです。私との出会いを喜んでくださって、気持ちの変化や考え方の歩みを一緒に喜んでくれて、そんな風に接してくれる岡本さんの存在にとても驚いています。
■色々な摂食障害のHPに書き込みをしたり、同じ病気の方からメッセージをいただいたこともありました。でもやっぱり、病気の症状ばかりに目が行ってしまって、気持ちや考え方や、病気以外の日常のことに心が向かずに不安が募ってしまうことも多かったです。岡本さんに会いに伺ったときには、色々聞いて、色々話して、メールでも伝えきれない小さな気持ちのひっかかりや思いもあると思います。色々な小さなヒントをもらって、ゆっくりさせてもらって、元気な気持ちを充電させてもらいに。今日も沢山、ありがとうの気持ちを伝えられる日になりますように。自分の出来ることで、喜んでもらえることが、ありますように。
■私の気持ちや言葉を、あったかいといってもらえること、嬉しいです。私はずーっと、みんなに好かれなきゃ、そんな思いが強かったんだと思います。小さい頃から、気を使うこと、人に合わせることが習慣になっていたような。それでも、周りの人も、私自身もきっと、誰も悪くないんですよね。父も母も、おじいちゃんもおばあちゃんも、私は素直に自分を出せなかったけど、すごく大切に可愛がってくれた、小さい頃の家庭は、気を使って顔色うかがって、つらい、安心できない気持ちも多かったけど、それでもいろんな場面で愛を感じてました。今思い出しても、みんな1人1人大好きなんです。それでも人と人だから、どうしても合わなかったり価値観が違ったり、一緒に暮らしていくには難しくなっちゃう人もいるんですよね。ちょっとした歯車の違いで、私は自分をうまく出せないような、そんな生活を習慣にしちゃったけど、すべての人に好かれようと思うこを減らしていこうと、自分をなるべく素直に認めて、無理のない生活をしたいと思うここ何日かで、思ってます。自分の好きなものを好きって言える、苦手なものを苦手って言える、友達や周りの人に素直な自分で接していけるようになりたいです。自分を押し付けるんじゃなくて、私はこう思うんだよって知ってもらって、なるべく自分が自分に嘘をつかない、楽な生活って、そんな感じかな。自分がムリしなくなったら、きっと大事なものが増えたり大きくなって、過食に頼ってしまう心の小さな隙間もなくなっていくのかな。
■過食の原因はなんだろう。いつも、ずっと探していました。でも見つかりません。私も家族も周りの人も、誰も悪くないんだと。それぞれみんな気持ちや考え方があって、いろんな価値観があって、みんな大事。でも、やっぱり岡本さんのおっしゃるとおり、食べ物に好き嫌いがあるように、自分が生活していく中で、一緒に行動するにはバランスのとりにくい相手もいるんだと。昔は自分の中で苦手な人嫌いな人を作れなかったです。みんなに好かれていなくちゃ、でも苦しくなっちゃいました。自分とは気持ちがうまく重ならないけど、その人はその人と認めたうえで、苦手な人・嫌いな人を作ってしまう私自身も認めればいいのかな。
■買ったものの中でも、食べてみて、美味しくないと思うものは、もったいないですが、やめられるようになりました。買い込んだ菓子パンやお菓子…そのうちの2つは食べてみて美味しくなくて、途中でやめて、1つはそのまま残して眠りました。少しずつ、ストレスで食べ過ぎちゃうんだよね~とか美味しくて止まらないんだよね~っていうような食べ過ぎの感覚に近づいてこれているのかな。また1週間が始まりました。ありがとうと笑顔がたくさん出せるといいなと思います。
■今日は自分に“よくがんばったで賞”をあげたいと思います(笑)朝から今まで…ほんとにずーっと…いっぱいいっぱいで色んな仕事しました。頭もフル回転…“次にこれをやって…これは後回しで…”時間内に作業をこなすためいっぱい考えました。パソコンもいっぱい打って、けっこう走り回りました。疲れたけど…がんばれた自分に乾杯(笑)ありがとうです。完璧に出来なかったこともあるし、手抜きしたとこもあるし…。もちろん“ここはちょっと手を抜いても大丈夫”って長年の仕事の感で。一人じゃ出来ないかも…そう思ったらヘルプも頼んじゃいましたし…。沢山ありがとう、助かりました…って言えたから…みんな笑って“いえいえ、どういたしまして”って言ってくれました。自分ひとりで抱え込まないこと。“一人で全部やるんだ”とか“きちんとパーフェクトに”とか…思わなくなりました。岡本さんとの色んな関わりで、またその気持ちや姿勢が大きくなりました。“完璧に出来ないからやらない”とか“一人では出来ないからやらない”とか。前の私だったら、ほんとにオール・オア・ナッシングだったから。仕事をやるからにはもちろん100がいいけど…一人で100にしなくてもいいんだ。仕事の内容によっては80でも90でもいいこともある…その分ほかにもっと大切な仕事があれば、それを判断することも大切。いい意味で“まぁいいか”の心は大切なんだ…全部、何もかも100にすることないんだって。ルームで岡本さんの自然で普通の生活の中から…感じたことです。“全部100を目指すんじゃなくて、しっかりそのとき、何が大切なことか感じて動くこと”HPで日記を読ませてもらってるY子さんも…看護学校は行くこと、卒業することが大切。テストの点数より大切なことをちゃんと守ってらっしゃるから。一生懸命がんばれた今日の私には、いつもより少しだけ自信があります。嬉しいな。自分は自分で、今やれることをまっすぐがんばる気持ちで、今日は自分にも周りのみんなにも本当にありがとうです。仕事を任せてもらえる事、仕事を助けてもらえること…本当にありがたいことですね。岡本さん、私の言葉をHPに沢山使ってくれて、ありがとうございます。HPで、自分の気持ち・思いがまたまっすぐ自分の心に入ってきて…背筋がシャンとする感じです。皆さんの言葉も、少しでも回復してたり、気持ちが前向きになったりした文を読むと、私も励まされてあたたかくなれます。岡本さんの気持ちや言葉が皆さんの文からあふれて伝わってくる感じ。
■今日も…いろいろありました。ミスもしました…先輩に迷惑かけました。でも、解決できました。とてもありがたかったです…私の失敗も一生懸命フォローしてくれる先輩。ありがとうとすみませんでした…心から伝えて…そしたら笑って“ぜんぜんオッケー”って(笑)逆に後輩のミスをフォローしてあげられる場面もありました。昔自分がした失敗や、そのときの気持ちを思い出して…嬉しいですね、助け合えること、協力できること。拒食や過食がひどいとき…人との関わりなんてなったし、人との共通の時間なんて嫌でしょうがなかったな…岡本さんが私に、いっぱい“出会えて嬉しい・出会ってくれてありがとう”って言ってくれること…本当に嬉しかったし…今、岡本さんに対して私もすごく出会えたことは嬉しいし…他の人とも、会社でも人との時間、何かを一緒に出来ること…本当に幸せだと感じます。助けてもらったことも、少しでも自分が人の力になれることも…嬉しい気持ち…しっかり感じます。あと、今日しっかり感じた気持ち…失敗してもフォーローをしっかりすればいいんだってこと。誰でも失敗はあるから…落ち込んで、めげて、自分を責めてもしょうがないんだ…って。反省は必要…でもまっすぐがんばって進んでいく方が、ずっとかっこいい。ずっと素敵。今日の後輩を見て、教わりました。昨日は“今日は仕事がんばったし、食べたかったら…甘いもの食べよう”そんな気持ちで夜をむかえました。でも…チョコを少し食べて…自然に手が止まりました…すごく嬉しかったです。岡本さんに、毎日、自分の感じた気持ちを伝えること…楽しみになってます。自分が少しでも回復してこれたんだ…そう思えることをしっかり感じて…文章にして、岡本さんにメールする。そうすると自分もしっかり納得できたり、自分の気持ちが一段と理解できたり…それに“ああ、これが岡本さんの言葉だ”って…気付くとこが見つかったり…。普通の幸せを感じたこと、回復してきたって感じられたこと…毎日の楽しみに…メールさせてくださいね。
■昨日、理香さんの宝箱に入れてもらえた『素直に心地いい』…そんな気持ち、今日も続いてます。今日も忙しく働けて…こんなに動けるし、こんなに考えられる自分…ふと嬉しくなります。素直に心地いい…自分自身の居心地がいいのかなって思います。ずっと作って飾って…ニセモノみたいだった自分…だから居心地悪かったんですよね。しまいには自分の素直な気持ちまで、何がなんだか分からなくなってたような。最近、少しずつ自分の心と体に、自分の気持ちが素直に寄り添ってきた??みたいな感じです。
これがきっと、理香さんの言ってた『自分を認めること』なんだなぁ…そう感じてます。そしたら…人と比べて“ここがダメ”“ここがイヤ”って自分を否定する気持ちが小さくなってきました。まだゼロにはなりませんが(笑)自分がそのまんまの温かい穏やかな時間と気持ちが増えてきてます。そんな気持ちに連鎖して、人は人…“この人はこういう考えをするんだなぁ”って、『りんごをオレンジって思う人もいる…面白いじゃない!』そう言ってた理香さんの言葉もしっくり、納得できるようになってきてます。いろんな人がいて、自分がいる…それでいいじゃない…って。
なんだか分からない『素直に心地いい』気持ちは…うまく連鎖反応を続けてるみたいです。私の中で、少しずつ少しずつ…。色んな気持ちの中で穏やかな感覚が増えてます。まるで理香さんのところでもらったヨーグルトのように…美味しく優しく幸せに増殖してます。
理香さんのルームで何を学んだ?何を得た?…実際言葉にしようとすると難しいです。でも理香さんと会って話して…分けてもらった小さなヒントや気付いた気持ちが…ちょっとずつ…私なりのペースで心に吸収されて温かく感じることが確実に増えてきてます…穏やかになってる自分が、また嬉しくて、また穏やかになる…ほらやっぱり幸せな連鎖反応…幸せ増殖中です(笑)今日の幸せは温かい気持ちが、自分の中で繋がって大きくなっていくことを感じられたことですね。いっぱいありがとう。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL:

パスワード:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 674 673 672 669 670 694 693 692 691 690 689 
プロフィール
HN:
岡本理香
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/07/29
職業:
精神作家・正看護師
趣味:
整理整頓
自己紹介:
岡本理香
精神作家&看護師&心ざわざわ理事長
1963.7.29生、AB型
大阪出身、現在神戸六甲山に在住、有馬温泉傍
整理整頓・ジクソーパズル・捨てることが特技
田原俊彦さんのライブ鑑賞が生きがい
向日葵・マリリンモンロー・真っ赤が好き
高嶺の花を羨むより、足元の豆を拾えが口癖
バーコード
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny