忍者ブログ
今をコツコツ在ることが、生きる、いや生かされている自分なのです。 あるがままの自分が「今、丁寧に、在る」。 そのままの自分を、そのままの自分が「知り得た」時、 これが求めていた答えだと納得しました。 有難く存じます。すべてのご縁に感謝を致します。
2017.10.19 Thursday
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.04.02 Monday
T.Tさんからいただいたメール

携帯を持っていた時でも、メールとかはほとんどしなくて、昔から文章を書くこと、特に感想を書くことがものすごく苦手だった私が、こうして毎日続けてメールを書いているのが不思議なくらいで、理香さんのおかげで、「文章・・書けてるやん☆」 とちょっと極端ですが、伝わる言葉を書いてる自分を発見できました。

そのまま感じたことを、恥ずかしがらずに、かっこつけずに出せると楽に書けるんですね

そうやってそのまま書いてる中で、整理できたり、新しい発見があったり、自分に言い聞かせるように書いていたり、その時その時、色んな思いがあります。


>真面目な方は、真剣にしんどい時を追及し、
>どうしようもできなくなりやすい。
>素晴らしい方なんです。
>生きることを真剣に捉えて向き合っている。

真面目だから、生きていくうえで、しんどい思いをすることが多いけど、「真面目」を「いいかげん」に変えようとするのではなくて、真面目なところは変わらないし、変えなくていい。変わらないほうがいい。それが自分で、その変わらない自分がいてくれるからこそ、たくさんのことに気づくことができて、心の幅、奥行きが広がって、成長していける自分になれるんですね。

なにか自分の中のどこかで、その真面目さをごまかそうとしたり、いいかげんに変えようと試みていたり、真面目な自分を嫌がるというか、いいとことは思えない自分がいたように思います。


その変わらない自分がいてくれるありがたさを、理香さんが教えて下さって、その部分を改めて考えてみることができて、それがあるからこそ素晴らしい、それのありがたさを実感できて、今まで、いるか、いらんか、「真面目さ」を右に動かしたり、左に動かしたりしていたのが、いるもの。大事なもの。ココ。と定位置が定まったような感じです。

1つ1つ認めていけば、どんどん自分の可能性が広がって、幅が広がって、奥行きが広がって、広々自由に動き回れる自分になれるような気がしました。
自分で自分をしんどくさせていることに、気づかせて下さって、本当にありがとうございます。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL:

パスワード:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 321 320 319 318 317 316 315 314 313 312 311 
プロフィール
HN:
岡本理香
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/07/29
職業:
精神作家・正看護師
趣味:
整理整頓
自己紹介:
岡本理香
精神作家&看護師&心ざわざわ理事長
1963.7.29生、AB型
大阪出身、現在神戸六甲山に在住、有馬温泉傍
整理整頓・ジクソーパズル・捨てることが特技
田原俊彦さんのライブ鑑賞が生きがい
向日葵・マリリンモンロー・真っ赤が好き
高嶺の花を羨むより、足元の豆を拾えが口癖
バーコード
忍者ブログ [PR]

Design by sky & Lenny